FANDOM


Yak-9Tの概要編集

Yak-9 / Як-9

Yak-9 / Як-9

Yak-9 / Як-9

 Yak-9は、第二次世界大戦時代のソ連の単発戦闘機です。アレクサンダー・ヤコブレフの設計局によって設計された最初の戦闘機でした。

開発経緯編集

 戦争中に最も大量生産されたソビエトの戦闘機で、1942年10月から1948年12月まで、合計16,769機が製造されました。Yak-9はYak-1とYak-7の更なる改造型で、主にYak-7の設計変更です。外部はわずかにしか違いませんが、Yak-9の内部は大きく改良されたものでした。Yakシリーズの約2年間の設計と、戦闘経験がYak-9に生かされたものでした。またその時点では、戦争の2年前と比べ、アルミニウムのはるかに大きな供給がありました。

 なによりも金属の使用で飛行機の重量を著しく減らすことを可能にし、より多くの燃料を積め、より強力な兵器およびもっと特化した装置を装備することができました。たとえばYak-9T改造型は、プロペラ・ハブを通って発射する非常に強力な37mmNS-37機関砲を持っていました。銃身の長さのため、操縦席は40cm後部に移動し、また機体を強化しなければなりませんでした。

 改造型は、UB同期機関銃の200~220弾、機関砲の30~32弾を積めました。一斉射撃重量は3.74kg(8.241lbs)と大きいものでした。37mm機銃の射程は、爆撃機編隊に対して1,200ヤードまで、1機の爆撃機に対して500~600ヤードまで増加しました。さらにYak-9Tは地上目標に対しても強く、500ヤードから45度の角度で徹甲弾を発砲し、30mm装甲を貫通できました。1943年後半、Yak-9Tは黒海での輸送阻止任務に使用されました。1943年3月と1945年6月の間で、Yak-9は合計2,748機が製造されました。

このゲームにおけるYak-9T編集

航空機諸元編集

Yak-9T
最高速度331 mp/h
最高高度28864 ft
ターンアラウンドタイム18.5 秒
上昇速度3748 ft/分
航続距離456.71 mi
離陸滑走距離1201 ft


武装編集

■搭載兵器

37mmNS-37機関砲:30
12.7mmベレージンUB機関銃:200


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能可能n/an/a可能可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki