FANDOM


Yak-3の概要編集

Yak-3 / Як-3

Yak-3 / Як-3

Yak-3 / Як-3

 Yak-3は、第二次世界大戦時代のソ連の単発戦闘機です。アレクサンダー・ヤコブレフの設計局によって設計された最初の戦闘機でした。

開発経緯編集

 Yak-3はYak-1の更なる改造で、1944年と1945年に合計4,848機が製造され、戦争での最高の戦闘機の一つと考えられました。1943年2月に、新しいYak-1M改造型が完成しました。Yak-1とは大きく異なる開発がされ、主としてより低い重心とより小さな翼スパンがその違いでした。

 1943年9月までに他の改良も整い、Yak-1Mドゥブリョールという名が付き、後部部分のキャンバス表面は2mm合板と取り替えられ、水と油のラジエーターが改善されていました。ドゥブリョールはさらに新しいマストレス・アンテナ、改善された兵器と新しいプロペラを持っていました。テスト・パイロットたちは、新しいプロトタイプに感動しました。彼らの報告書には「Yak-1Mは水平面と、特に垂直面での優れた操縦能力がある。初期の量産Yakに比べて、最高速度は非常に向上された。能力が改善された上に、操縦が簡単なので広範囲なパイロット訓練が要求されない」。

 新しい改造機は、Yak-3という名前が付けられて、生産に入りました。Yak-3の最も記憶すべき空中戦の一つは1944年7月16日に起こり、このとき敵機よりも優れた交戦をすることを示しました。その日、10機のYak-3が8機のBf-109と4機のFw-190に遭遇、さらに18機のソ連機と24機のドイツ機に増えました。結局、15機のドイツ機が撃ち落とされ、Yak-3は1機を失っただけでした。

このゲームにおけるYak-3編集

航空機諸元編集

Yak-3
最高速度348 mp/h
最高高度28864 ft
ターンアラウンドタイム19.5 秒
上昇速度4225 ft/分
航続距離402.65 mi
離陸滑走距離1141 ft


武装編集

■搭載兵器

20mmShVAK機関砲:120
2 x 12.7mmベレージンUB機関銃:500


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能可能n/an/a可能可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki