FANDOM


Yak-1Bの概要編集

Yak-1 / Як-1

Yak1B thumb

Yak-1 / Як-1

 Yak-1は、第二次世界大戦時代のソ連の単発戦闘機です。アレクサンダー・ヤコブレフの設計局によって設計された最初の戦闘機で、1940年から1944年まで合計8,700機が製造されました。

開発経緯編集

 1942年には、Yak-1の様々な改良が進められ、Yak-1B改造型が開発されました。TsAGIでは、1942年5月24日から6月10日の間に水と油のラジエーター改善についての研究が行われました。そして、1942年7月20日から26日の間に最高速度性能を引き上げる研究が進みました。その結果Yak-1の戦術上の特性が著しく改善され、ヤコブレフは航空大臣に、前線での戦闘試験用に20機を生産するように要求しました。しかし、これらの改良は紙上で大変評価されたため、試験飛行は省略されました。

 1942年8月11日付けで、防衛委員会は改良された新型ak-1の大量生産を命じました。改善された兵器トリガーと後方視界のコクピットは、ソ連のパイロットに歓迎され、当時のソ連戦闘機の標準となりました。


このゲームにおけるYak-1B編集

航空機諸元編集

Yak-1B
最高速度326 mp/h
最高高度26896 ft
ターンアラウンドタイム19.4 秒
上昇速度3627 ft/分
航続距離434.96 mi
離陸滑走距離1207 ft


武装編集

■搭載兵器

20mmShVAK機関砲:120
12.7mmベレージンUB機関銃:200

兵装形態

  • 12.7mmベレージンUB機関銃、20mmShVAK機関砲
  • 12.7mmベレージンUB機関銃、20mmShVAK機関砲、100kg爆弾 x 2
  • 12.7mmベレージンUB機関銃、20mmShVAK機関砲、50kg爆弾 x 2
  • 12.7mmベレージンUB機関銃、20mmShVAK機関砲、RS-82 x 6


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能可能n/an/a可能可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki