FANDOM


Ta152H-1の概要編集

フォッケウルフ Ta 152

Ta152H-1

Ta152H-1

 Ta152は、疑いもなく、フォッケウルフのカート・タンクによって設計された最良の航空機です。この航空機は、素晴らしいFw190D改造型のさらに設計変更されたものでした。

開発経緯編集

 Ta152は、Jumo213およびDB603エンジンのおかげで、新しい高高度飛行が可能になりました。開発は1942年冬~1943年に、ドイツ航空省の技術部が新しい“特別戦闘機”の仕様書をリリースした時に始まりました。戦闘機は高高度で迎撃任務ができました。

 Ta152H-1は、プロペラ・ハブを通って発射する85弾を備えたMK108機関砲、および翼の中に2筒のMG151/20機関砲(各砲220弾)を備えました。H-1は、1945年の1月または2月に量産に入りました。合計70機程度だけが製造されましたが、ほとんどは前線に配備されませんでした。


このゲームにおけるTa152H-1編集

航空機諸元編集

Ta152H-1
最高速度416 mp/h
最高高度47560 ft
ターンアラウンドタイム20.5 秒
上昇速度4741 ft/分
航続距離1242.74 mi
離陸滑走距離1034 ft


武装編集

■搭載兵器

30mm MK108機関砲:90
2 x 20mm MG151機関砲:350


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能n/an/a可能可能可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki