FANDOM


P-39N-Oの概要編集

ベル P-39 エアラコブラ

P39NO thumb

エアラコブラ(P-39N-O)

 ベル社のP-39エアコブラは、その変わったデザインが特徴的な第二次世界大戦時代のアメリカの戦闘機です。

開発経緯編集

 エンジンはコクピットの後ろに置かれ、ランディングギアは後部から機首に移されました。この航空機は5か国によって採用されました。

 P-39Nは量産された最初の改造型で、P-39N-01は新しいV-1710-85(E19)エンジンと直径3.15mの3枚プロペラを持っていました。167号機からはいくつかの燃料タンクは重量を減らすために翼から取り除かれ、予備燃料タンクが機体の下に取り付けられました。さらに飛行能力を増加させるために、ソ連のエンジニアは翼マウントの機銃をしばしば削除し、2丁の機首機銃と機関砲だけにしました。

 改造型も含め、ベル社は2,095機を製造しました。このうちのほとんどはアメリカのレンドリース・プログラムでソ連へ送られました。1942年11月、ソ連は最初のエアラコブラを受け取り、この戦闘機は低空と中空での戦闘飛行で良い結果を示しました。多くの有名なソ連のエース・パイロットが、第二次世界大戦中にエアラコブラを操縦しました。

このゲームにおけるP-39N-O編集

航空機諸元編集

P-39N-O
最高速度334 mp/h
最高高度36080 ft
ターンアラウンドタイム21.9 秒
上昇速度3373 ft/分
航続距離405.00 mi
離陸滑走距離1017 ft


武装編集

■搭載兵器

37mm M4機関砲:30
2 x 12.7mmブローニング機銃:400


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能可能可能n/an/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki