FANDOM


Me262A-1aの概要編集

メッサーシュミット Me 262

Me262A-1a

Me262A-1a

 メッサーシュミットMe262は、ドイツの第二次世界大戦時代のジェット戦闘機、高速爆撃機および偵察機でした。

開発経緯編集

 世界初の大量生産ジェット戦闘機で、戦闘をした最初のジェット機でした。非公式に「シュヴァルベ」という名で知られる最初の改造型Me262A-1aは、1944年7月にレヒフェルトで飛行試験がされました。構造には合金が使用され、ほとんど全部がリベット止めされてその重量はやや重かったですが、すべて大量生産のしやすさのためでした。

 Jumo004B-1ジェット・エンジン(後のB-2およびB-3)は、2ストローク・リーデル・オートバイ・エンジンをスターターとして使用しました。2つの小さな17リットル燃料タンクが、スターターに動力を供給するために使われ、燃料の残りは胴体に収容されました。2つのメイン燃料タンクおよび2つの予備タンクがありました。メイン・タンクは900リットル、機首タンクは170リットル、後部タンクは600リットルの燃料が入りました。

 無線装置にはFuG16ZY(その後FuG15と取替え)およびFuG25aIFFセットがありました。Me262は、前部に各砲80弾の、4筒の30mmMK108機関砲を持ちました。パイロットは90mm装甲ガラス、および側面と後側を15mm装甲板で保護されました。Me262A-1はBf109Gより飛行がより容易でした。利用可能対気速度の大きな範囲を考えれば、コックピット設備はやや貧弱でした。ジェット戦闘機の回転半径はピストン戦闘機より著しく広い(?)でしたが、より良く高速回転を保持することができました。その加速はピストン航空機よりはるかに悪かったですが、Me262は法外(?)な降下レートを持っており、それは時々、マッハ1を上回りそうなことがありました。

このゲームにおけるMe262A-1a編集

航空機諸元編集

Me262A-1a
最高速度548 mp/h
最高高度48872 ft
ターンアラウンドタイム30.3 秒
上昇速度5248 ft/分
航続距離652.44 mi
離陸滑走距離2061 ft


武装編集

■搭載兵器

4 x 30mmMK108機関砲:360


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能可能可能n/an/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki