FANDOM


Me163Bの概要編集

メッサーシュミット Me 163

Messerschmitt Me 163B

Messerschmitt Me 163B

 メッサーシュミットMe163コメットは、ドイツのロケット動力の迎撃用戦闘機でした。1941年9月1日最初の飛行が行われました。

開発経緯編集

 ほんの少数が生産され、1944年が終わる前までの91機だけでした。最初の戦闘は1944年5月14日にされました。事実上、Me163は航空史でたったひとつの特異な航空機でした。コメットは唯一の尾翼の無い(?)操縦航空機で、第二次世界大戦の唯一の操縦ロケット戦闘機でした。さらに他のユニークな特徴を持ち、非常に狭い目的の任務を含み、記録破りの最高速度と上昇レートでポンポイント防御に使用された単距離での昼間迎撃用戦闘機でした。

 1943年前半に最初に製造されたMe163B-0改造型には、各砲に100弾を備えた一対の20mmモーゼルMG151/20機関砲を装備していました。47番目の製造改造型では、コメットは一対の30mmMk108機関砲に強化されました。その後Me163B-1と名前が変更されました。B-1は各砲に60弾を持っていました。この装備は当時のエンジニアに不評でした。Mk108機関砲は発射レートが低く、信頼度が低かったのです。統計的には、武器は100弾を発射すると調子が悪くなりました。空中戦の絶えず変わる状況で、Me163は重爆撃機を完全に撃破する前に弾丸を使い果たしました。

このゲームにおけるMe163B編集

航空機諸元編集

Me163B
最高速度618 mp/h
最高高度48872 ft
ターンアラウンドタイム17.0 秒
上昇速度9334 ft/分
航続距離31.07 mi
離陸滑走距離1171 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 30mmMK108機関砲:120


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能n/an/an/an/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki