FANDOM


MC202の概要編集

MC.202フォルゴーレ

MC202

MC202

  • 用途戦闘機
  • 設計者マリオ・カストルディ
  • 製造者:マッキ
  • 運用者
  • 初飛行:1940年(昭和15年)8月10日
  • 生産数:約1,500機
  • 運用開始:1941年(昭和16年)
  • 運用状況:退役

 マッキM.C.202はイタリアの全金属の迎撃戦闘機で、当初の武装はエンジンハウス中の一対の12.7mm(50口径)同期機銃だけでした。

開発経緯編集

 他の多くのイタリア戦闘機を悩ませた戦闘機用のひどく効果がない兵器は、M.C.202シリーズVI(改造型はIからXIのローマ数字で指定された)でやっと改善され、一対の7.7mm機銃が翼に加えられました。新しい戦闘機と呼ばれたフォルゴーレ(稲妻)は、空気力学が優れて釣合が取れていました。

 その頑丈な構造はすべての表面をリベットで固定し、継ぎ目をすべて流線形にするために設計中と製造中に特に注意されました。エンジン・カバーは綺麗な航空力学の形状で、プロペラ・ハブからキャノピー、そして後ろの尾翼まで滑らかなラインを形成しました。


このゲームにおけるMC202編集

航空機諸元編集

MC202
最高速度332 mp/h
最高高度40344 ft
ターンアラウンドタイム21.4 秒
上昇速度3614 ft/分
航続距離475.35 mi
離陸滑走距離1208 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 12.7mm ブレダSAFAT機銃:800
2 x 7.7mm ブレダSAFAT機銃:1000


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能n/an/an/an/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki