FANDOM


MC200セリエ3の概要編集

MC.200サエッタ

MC200S3 thumb

MC200S3

  • 用途戦闘機
  • 設計者マリオ・カストルディ
  • 製造者:マッキ
  • 運用者
  • 初飛行:1937年(昭和12年)12月24日
  • 生産数:1,153機
  • 運用開始:1939年(昭和14年)8月
  • 運用状況:退役

 収納式着陸装置を装備した単発戦闘機である。

開発経緯編集

 程なくして「サエッタ」(稲妻)という愛称が付けられたM.C.200は、1937年に迎撃機として製作され、「有事の国土防衛」を目的としていた。本機は1943年頃まで、掩護機や対地攻撃用戦闘機として利用された。特に北アフリカ方面において活躍し、サエッタは、その頑強な構造と操舵性が砂漠の条件下において賞賛された。

 戦闘において、サエッタの強敵はハリケーンであった。M.C.200は、ハリケーンに対して、最高速度に劣っていたが、操舵性、旋回半径、上昇速度に勝っていた。サエッタには、星形14気筒フィアットA.74RC38エンジン(870HP)が搭載されていた。本機の武装は、12.7mmのSAFAT機関砲2門構成であった。後にこの機体は15キロ爆弾を搭載するために改装された。

 M.C.200の改良型には、機器類に大きな変更は無い。M.C.200シリーズ3は、追加燃料タンクを搭載可能であった。本機の製造開始から終了にかけて、本機の有効荷重は429kgから522kgへと拡大された。

このゲームにおけるMC200セリエ3編集

航空機諸元編集

MC200セリエ3
最高速度320 mp/h
最高高度27224 ft
ターンアラウンドタイム19.1 秒
上昇速度3543 ft/分
航続距離355.00 mi
離陸滑走距離919 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 12.7mm ブレダSAFAT機銃:740


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能可能可能n/an/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki