FANDOM


La-5FNの概要編集

ラボーチキン La-5

ガソリン直噴型になった(La-5FN)

ガソリン直噴型になった(La-5FN)

  • 用途戦闘機
  • 分類単葉機
  • 設計者:S・ラボーチキン
  • 製造者:ラボーチキン設計局
  • 運用者労農赤軍
  • 初飛行:1941年12月
  • 生産数:9,920機

 ラボーチキンLa-5は、単発の単葉戦闘機で、一人乗りコクピット、木造フレームとキャンバスで出来ています。

開発経緯編集

 FN機はブースター燃料噴射でした。新しい改造型は1943年3月に製造が開始され、前線に送られました。La-5NFNは、初期のLa-5Fの後継機ではなく、同時に生産されました。そのASh-82FNエンジンは1,850馬力に達し、10分間までは離陸パワー・セッティングでいることが出来ました。1943年4月、La-5FNは捕獲したBf-109G-2機に対する模擬戦闘でのテスト飛行がされました。ソ連の航空機は、低空と中空で優れていることが分り、東部戦線で最も一般的なものになりました。

 La-5FNは垂直面での操縦と同様に、最高速度でも優れていました。これらの分析はソ連の戦術の著しい変化に結びつきました。La-5FNの軍備はLa-5のものと同じで、各200発の20mmShVAK機関砲の一対が付いていました。機関砲は、空気力学的、あるいは機械的に操作されました。

このゲームにおけるLa-5FN編集

航空機諸元編集

La-5FN
最高速度371 mp/h
最高高度30176 ft
ターンアラウンドタイム18.5 秒
上昇速度4287 ft/分
航続距離360.40 mi
離陸滑走距離1218 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 20mm ShVAK機関砲: 400
2 x 50kg爆弾
2 x 100kg爆弾


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能可能n/an/a可能可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki