FANDOM


Ju88A-4の概要編集

ユンカース Ju 88

Ju88A4 thumb

Ju88A-4

 JU88高速水平爆撃機あるいは急降下爆撃機は、第二次世界大戦での最も用途の広い航空機の1機でした。JU88A-4は最も有名で、すべての改造型の中でも多く量産されました。

開発経緯編集

 前の型とは異なって、新しい1,400PSエンジンを持ち、爆撃機は高速で飛びました。ブリテンの戦いで苦戦を経験した後、コックピットの壁および床を金属シートで補強し、パイロット席の後ろと側面を保護しました。新しいベルト給弾式MG81機銃が、以前に適合していた古いMG15に取って代わりました。

 増加した航空機重量のため、さらにより大きな車輪径を備えたより強いランディングギアを必要としました。JU88A-4はその処女飛行の中でソ連軍に対して使用され、戦争の終了まで残りました。第二次世界大戦中に、様々な改造型のJU88爆撃機が15,000機近く製造されました。


このゲームにおけるJu88A-4編集

航空機諸元編集

Ju88A-4
最高速度241 mp/h
最高高度21648 ft
ターンアラウンドタイム38.4 秒
上昇速度1342 ft/分
航続距離1509.93 mi
離陸滑走距離2382 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 13mm MG131機銃
7.92mm MG81機銃

兵装形態

  • 13mm MG131機銃(機首)、13mm MG131機銃(後部銃手席)、13mm MG131機銃(ゴンドラ)、
    250kg爆弾 x 4、50kg爆弾 x 16


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能n/a可能可能可能可能可能n/an/a可能可能可能

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


Ju88A-4の内装編集

なし

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki