FANDOM


IL-2の概要編集

Il-2 / Ил-2

IL2 thumb

Il-2 / Ил-2

 有名なIL-2シュトルモビクは、イリューシン設計局によって作成された第二次世界大戦時代のソ連の攻撃機で、その胴体の形により赤軍部隊から「猫背」という愛称で呼ばれました。

開発経緯編集

 設計者はこの航空機を「空飛ぶ戦車」という愛称で呼びました。ドイツ空軍パイロットは、その戦闘損傷に耐えるIL-2の法外な能力により、「コンクリートの飛行機」と呼び、ドイツの地上部隊はそれを嫌がって怖れ、「肉屋」、「挽肉機」、「鉄のグスタフ」や「黒死病」のような、たくさんの不愉快な愛称を与えました。何人かの歴史家は、“黒死病”はドイツ軍に対するソ連宣伝機関の実際に成功した発明品だったと考えています。

 IL-2は、歴史上で最も大量生産された軍用機でした。しかし戦争の初期では、初期改造型に後部銃手が不在であること、ソ連戦闘機の貧弱な組織の護衛のためにこの機種が損失したことで、ドイツの航空優位に結びつきました。IL-2パイロットが好んだ攻撃戦術は低空での攻撃で、最初に600~700mの距離からロケット弾を放ち、その後400~600mで装備武器を発射することでした。

 爆弾は衝撃ヒューズを使用して、続く飛行経路で高度100~200mから落とされました。ソフト・ターゲットを集中攻撃するために推奨された戦術は、100~200mからの浅い急降下での機銃掃射、続いて降下を出る時に低空で爆弾投下することでした。

このゲームにおけるIL-2編集

航空機諸元編集

IL-2
最高速度245 mp/h
最高高度18368 ft
ターンアラウンドタイム25.6 秒
上昇速度2630 ft/分
航続距離403.89 mi
離陸滑走距離1105 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 7.62mmShVAK機銃:1500
2 x 23mmVYa-23機関砲:300

兵装形態

  • 7.62mmShVAK機銃 x 2、23mmVYa-23機関砲 x 2
  • 7.62mmShVAK機銃 x 2、23mmVYa-23機関砲 x 2、100kg爆弾 x 4
  • 7.62mmShVAK機銃 x 2、23mmVYa-23機関砲 x 2、100kg爆弾 x 4、RS132 x 8
  • 7.62mmShVAK機銃 x 2、23mmVYa-23機関砲 x 2、100kg爆弾 x 4、RS82 x 8
  • 7.62mmShVAK機銃 x 2、23mmVYa-23機関砲 x 2、50kg爆弾 x 4
  • 7.62mmShVAK機銃 x 2、23mmVYa-23機関砲 x 2、50kg爆弾 x 4、RS132 x 8
  • 7.62mmShVAK機銃 x 2、23mmVYa-23機関砲 x 2、50kg爆弾 x 4、RS82 x 8
  • 7.62mmShVAK機銃 x 2、23mmVYa-23機関砲 x 2、RS132 x 8
  • 7.62mmShVAK機銃 x 2、23mmVYa-23機関砲 x 2、RS82 x 8


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能可能n/a可能n/an/an/an/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki