FANDOM


IL-10の概要編集

Il-10 / Ил-10

IL10 thumb

Il-10 / Ил-10

 IL-10シュトルモビクは、1944年にイリューシン設計局によって作成された、ソ連の第二次世界大戦時代の攻撃機でした。その最初の戦闘は1945年4月16日でした。

開発経緯編集

 IL-10の量産は、第1、第18および第64の3つの工場で行われ、5年間継続しました。合計4,600機以上のIL-10が、280機のIL-10U訓練機と一緒に生産されました。IL-10のライセンス・バージョンも、アビアB-33と呼ばれて、1951年12月から1955年までチェコスロバキアのアビア工場で生産されました。

 1953年と1954年には、チェコで製造された改造型も、ポーランド、ハンガリー、ルーマニアおよびブルガリアへ輸出されました。B-33は、各々150弾を備えた4筒のNS-23RM機関砲を備えました。合計1,200機の航空機がアビアによって製造されました。AM-42エンジンを備えた重装備のIL-10は、「空飛ぶ歩兵戦車」というソ連の概念の完全な具現化で、戦場での味方への上空掩護は”高い可動性”によって増加しました。

 前のソ連の大黒柱の地上攻撃機IL-2と比較すると、装備はいくぶん改善されていました。海面レベルでのIL-10の最高速度は540km/h、高度2,600mで596km/h、高度5,000mでおよそ620km/hでした。これは、同時代のプロペラ駆動戦闘機が、初速時かエンジンの加速時だけしか追い付けない事を意味しました。さらに、空中戦も容易ではありませんでした。

このゲームにおけるIL-10編集

航空機諸元編集

IL-10
最高速度258 mp/h
最高高度23944 ft
ターンアラウンドタイム28.7 秒
上昇速度2852 ft/分
航続距離497.10 mi
離陸滑走距離1167 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 7.62mmShVAK機銃:3000
2 x 23mmVYa-23機関砲:300
12.7mmベレージンUB機関銃

兵装形態

  • 7.62mmShVAK機銃 x 2、23mmVYa-23機関砲 x 2、12.7mmベレージンUB機関銃(後部銃手席)
  • 7.62mm機銃 x 2、23mm機関砲 x 2、12.7mmUB機関銃(銃手)、100kg爆弾 x 2
  • 7.62mm機銃 x 2、23mm機関砲 x 2、12.7mmUB機関銃(銃手)、100kg爆弾 x 2、RS132 x 4
  • 7.62mm機銃 x 2、23mm機関砲 x 2、12.7mmUB機関銃(銃手)、100kg爆弾 x 2、RS82 x 4
  • 7.62mm機銃 x 2、23mm機関砲 x 2、12.7mmUB機関銃(銃手)、50kg爆弾 x 2
  • 7.62mm機銃 x 2、23mm機関砲 x 2、12.7mmUB機関銃(銃手)、50kg爆弾 x 2、RS132 x 4
  • 7.62mm機銃 x 2、23mm機関砲 x 2、12.7mmUB機関銃(銃手)、50kg爆弾 x 2、RS82 x 4


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能可能n/a可能n/an/an/an/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki