FANDOM


I-16タイプ28の概要編集

ポリカルポフ I-16

I-16タイプ28

I-16タイプ28

 I-16は、ポリカールポフ設計局によって1930年代に設計されたソ連の単発単葉戦闘機です。早くも1939年には、I-16の時代は終了していました。

開発経緯編集

 強力なM-62やM-63エンジンをもっても、500km/hを越えられなかったからです。当初は、M-64エンジンの持つ1,200-1,300馬力の能力が達成できるのではと考えられていました。設計者はM-64(後にM-65へ発展)が、1941年までに準備できることを期待しましたが、この9シリンダ星形エンジンは完成しませんでした。

 ニコライ・ポリカールポフ(主任設計者)は、機体の表面をキャンバスから合板へ変更し、I-16の航空力学の改善を試みました。1939年夏に、上部の翼表面を2.5mmの厚い合板で覆ったプロトタイプがテストされました。同時に合板表面のI-16Type24もテストされました。後者は489km/hを達成しました。それは他の改善型よりも、わずかながら優れていました。

 そして、その業績は新しいM-63エンジンで達成されました。合板表面が製造用に推薦されましたが、実際には量産機には使用されませんでした。さらに1939年のI-16の飛行試験は、後の改造のコスト効率が良くないことを証明しました。提案された部分改造のひとつは、攻撃を行う角度へエレベータを逸らす時に起こる、高速降下でのタックアンダー現象に対処する必要でした。数回の致命的な墜落が更なる研究へとつながり、I-16はエレベータの迎角の変更に非常に敏感だということが分かりました。


このゲームにおけるI-16タイプ28編集

航空機諸元編集

I-16タイプ28
最高速度266 mp/h
最高高度26568 ft
ターンアラウンドタイム17.6 秒
上昇速度3550 ft/分
航続距離273.40 mi
離陸滑走距離891 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 20mm ShVAK機関砲:300
2 x 7.62mm ShKAS機銃:1300

兵装形態

  • 20mm ShVAK機関砲 x 2、7.62mm ShKAS機銃 x 2
  • 20mm ShVAK機関砲 x 2、7.62mm ShKAS機銃 x 2、100kg爆弾 x 2
  • 20mm ShVAK機関砲 x 2、7.62mm ShKAS機銃 x 2、50kg爆弾 x 2
  • 20mm ShVAK機関砲 x 2、7.62mm ShKAS機銃 x 2、RS-82 x 6


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能n/an/an/a可能可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki