FANDOM


I-153Pの概要編集

ポリカルポフ I-153 / И-153

I153P thumb

I-153P

 I-153Pチャイカ(シーガル)は、1930-40年代のソ連の複葉戦闘機です。1938年にポリカルポフ設計局によって製造されました。

開発経緯編集

 数字で示されるように、それは初期のI-15戦闘機の改造型(第3改造)です。チャイカは世界で最も速い複葉飛行機であると考えられました。しかし、ソ連とドイツの間で戦闘が始まると、I-153はドイツのメッサーシュミットBf-109に圧倒され、対地攻撃任務に主として導入されました。

 ソ連パイロットの多くは、I-16は錐もみ状態になりやすい非常に危険な航空機だと考えていました。したがって、1939年3月と4月のM-25エンジンを備えたI-153の飛行テストでは、ソ連航空隊司令部は錐もみに対する設計上の改善について注目していた。しかし、問題は未解決のままでした。

 1939年夏に、モンゴルで新型の航空機が日本軍に攻撃を行った時、赤軍航空隊はこの重大なポイントを再認識することになった。テスト結果は絶望的でした。3回の宙返りでI-153は錐もみ状態になり、5回目でエンジンが停止しました。錐もみからの回復は非常に困難でした。重心を変えるために着陸ギアを下にしても効果はありませんでした。チャイカの改良には、かなりの時間が必要とされました。

このゲームにおけるI-153P編集

航空機諸元編集

I-153P
最高速度232 mp/h
最高高度28208 ft
ターンアラウンドタイム14.1 秒
上昇速度3376 ft/分
航続距離281.48 mi
離陸滑走距離899 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 20mm ShVAK機関砲:300

兵装形態

  • 20mm ShVAK機関砲 x 2
  • 20mm ShVAK機関砲 x 2、100kg爆弾 x 4
  • 20mm ShVAK機関砲 x 2、50kg爆弾 x 4
  • 20mm ShVAK機関砲 x 2、RS-82 x 8


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能n/an/an/a可能可能n/an/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki