FANDOM


Hs129B-2の概要編集

ヘンシェル Hs 129

Henschel Hs129B-2

Henschel Hs129B-2

 ヘンシェル Hs129は、対戦車用に開発された、ドイツの単座双発攻撃機である。

開発経緯編集

 陸軍の装甲車両製造を専門としていたヘンシェル社の設計士にとって、一番問題となったのは、本機の帰還性であった。同社ではパイロットと本機の最も脆弱な部分を保護する取り組みを行った。重量を最低限度に抑えたいという希望により、75mm厚のガラスで覆われたコクピットを採用された。この設計は非常に狭苦しく、悪評を買った。計器板が小さい、操縦桿が短いなどの不都合が多数あった。

 飛行試験中に、30度以上の傾斜時にパイロットが機体を操作不可能となるため、本機が急降下出来ないという事実が発覚した。さらにBs-109(?)は、エンジン1基で満足な飛行が出来ないことも分かった。この事実と、一方のエンジンが停止しても、他方のエンジンで着陸可能であることを理由として、双発設計が採用された。

 本機にはこうした欠点があるにも関わらず、ドイツ空軍は1949年の攻撃および1940年冬の攻撃において航空機を強く求めていたため、Bs-109(?)の量産がヘンシェルに依頼された。フランス占領時に、出力700HPのノーム・ローヌ14Mエンジンが大量に没収された。より高出力のエンジン(入手不能であったが)搭載する実験の結果、Bs-109Bが製作された。Bs-109B(?)は初期型Bs-109(?)よりも高性能であり、エンジン1基での飛行を余儀なくされた場合も、基地に帰還することが可能であった。

 Bs-109B-1(?)の量産は1941年に開始され、翌年の5月には改良型Bs-109B-2(?)が発表されたが、Bs-109B-2(?)は(その他改良点とともに)改良型燃料系(?)が採用されていた。Hs129は、合計878機が製造された。

このゲームにおけるHs129B-2編集

航空機諸元編集

Hs129B-2
最高速度256 mp/h
最高高度23616 ft
ターンアラウンドタイム27.9 秒
上昇速度2281 ft/分
航続距離427.50 mi
離陸滑走距離1084 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 7.92mm MG17機銃(?):1000
2 x 20mm MG151機関砲:250

兵装形態

  • 13mm MG131機銃 x 2、20mm MG151/20機関砲 x 2
  • 13mm MG131機銃 x 2、20mm MG151/20機関砲 x 2、30mm MK101徹甲機関砲
  • 13mm MG131機銃 x 2、20mm MG151/20機関砲 x 2、50kg爆弾 x 4


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能n/an/an/a可能可能可能n/a可能可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


Hs129B-2の内装編集

なし

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki