FANDOM


He111H-3の概要編集

ハインケル He 111

He111H3 thumb

He111H3

  • 用途爆撃機
  • 製造者ハインケル
  • 運用者Flag of German Reich (1935–1945) ドイツドイツ空軍
  • 初飛行:1935年(昭和10年)2月24日
  • 生産数:7,300機(推定)
  • 運用開始:1936年(昭和11年)
  • 退役:1945年(昭和20年)
  • 運用状況:退役

 ハインケルHe111は、ドイツの単葉中爆撃機(また雷撃機および戦闘爆撃機)です。

開発経緯編集

 He111H-3は1939年11月に製造が開始され、海軍の爆撃任務にも使用できました。しかしその防衛兵器は、制限のある防衛範囲と毎分540発しかない発射レートのために、特に有効ではありませんでした。He111H-3は乗員が5名でしたが、海事任務に使用される時は通常6名に増加されました。離陸パワー1,200馬力のJumo211D-1エンジンによって動力が供給されました。爆弾倉に2,000kgまでの爆弾を収容することができ、その左部分には追加燃料タンクを付けることもできました。

このゲームにおけるHe111H-3編集

航空機諸元編集

He111H-3
最高速度226 mp/h
最高高度20992 ft
ターンアラウンドタイム32.4 秒
上昇速度1399 ft/分
航続距離1280.00 mi
離陸滑走距離1507 ft


武装編集

■搭載兵器

20mm MGFF機関砲
13mm MG131機銃
2 x 7.92mm MG81機銃
2 x 7.92mm MG15機銃

兵装形態

  • 7.92mm MG15機銃(機首)、7.92mm MG15機銃(銃塔)、7.92mm MG15機銃(ゴンドラ)、
    7.92mm MG15機銃(横窓) x 2、250kg爆弾 x 8
  • 7.92mm MG15機銃(機首)、7.92mm MG15機銃(銃塔)、7.92mm MG15機銃(ゴンドラ)、
    7.92mm MG15機銃(横窓) x 2、50kg爆弾 x 32


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能n/a可能可能可能可能可能n/a可能可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


He111H-3の内装編集

なし

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki