FANDOM


Fw190D-12の概要編集

フォッケウルフ Fw 190

Fw190D12 thumb

Fw190D-12

 フォッケウルフFw190ヴェルガー(モズ)は、第二次世界大戦中にドイツ空軍によって使用された一人乗り単発単葉戦闘機です。当時の最良の戦闘機のひとつで、広く使用されました。

開発経緯編集

 約6,000機の戦闘爆撃機改造型を含め、合計20,000機以上が製造されました。Fw190は多数の設計変更を経て、1941年から戦争の終了まで作られました。Fw190はドイツ空軍の真に強力な航空機として名を揚げ、高高度迎撃用戦闘機(特にFw190D)、護衛戦闘機、戦闘爆撃機および夜間戦闘機を含む種々様々の任務に使用されました。

 Fw190Dドーラ(連合軍には「長鼻190」(?)と呼ばれた)は、Ta152が準備される間の一時的な解決策として意図されました。しかし、ドーラは全戦争での最も素晴らしいフォッケウルフの設計のひとつとなりました。2つのMG17同期機銃および4つの翼マウントのMG151機銃(?)が備えられました。最初に、ドイツ空軍パイロットたちは疑惑の目でドーラを眺めました。Jumo213は爆撃機エンジンであると考えられ、戦闘機への設置は無謀な手段と考えられたのです。

 しかしDora-9で戦うにはそれが合っていると、すぐに考えが変わりました。BMW801エンジンを動力とする前の機と比較すると、垂直面および降下中でより良い性能を示しました。さらに、それは驚異的なロールレートを持っていました。パイロットたちは、Jumo213を動力とするフォッケウルフが素晴らしいP-51Bマスタングより優れていることをすぐに知りました。合計650~700機のFw190D戦闘機シリーズが製造されました。1944年12月までに、空襲で完全に破壊されたように見えたマリエンブルクのフォッケウルフ工場で、毎日8機のFw190Dが製造されました。

このゲームにおけるFw190D-12編集

航空機諸元編集

Fw190D-12
最高速度401 mp/h
最高高度43296 ft
ターンアラウンドタイム21.9 秒
上昇速度4531 ft/分
航続距離520.09 mi
離陸滑走距離1040 ft


武装編集

■搭載兵器

30mm MK108機関砲:85
2 x 20mm MG151機関砲:440


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能n/an/a可能n/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki