FANDOM


Bf110C-4の概要編集

メッサーシュミット Bf 110

Bf110C4

Bf110C4

 メッサーシュミットBf110は、第二次世界大戦中にドイツ空軍によって使用された、双発のツェアシュテーラー(駆逐機、重爆撃機)です。

開発経緯編集

 その意図した任務では性能が発揮されず、すぐに対地攻撃と夜間戦闘機の任務に転換されました。Bf110Cは、動力がDB601エンジンによって供給されるBf110の最初の量産改造型でした。Bf110C-4では、乗員保護が改善されました。ブリテンの戦いでは単発戦闘機との空中戦に無力で、Bf110の致命的な弱点を示しました。

 さらに、その主な敵のホーカー・ハリケーンと上昇最高速度を比較すると、非常に貧弱な加速でした。しかしながら、Bf109Eのような航続距離制限をしていなかったので、長距離では良い護衛戦闘機でした。爆撃機と一緒に働くと、攻撃機に対してヒット・エンド・ラン戦法を使用することが出来ました。敵に向かって降下して遠距離から非常に強力な兵器を発射し、高い高度に戻ることができました。

このゲームにおけるBf110C-4編集

航空機諸元編集

Bf110C-4
最高速度315 mp/h
最高高度28864 ft
ターンアラウンドタイム30.7 秒
上昇速度2254 ft/分
航続距離680.40 mi
離陸滑走距離1457 ft


武装編集

■搭載兵器

4 x 7.92mm MG17機銃:4000
7.92mm MG15機銃
2 x 20mm MGFF機関砲:360


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能可能n/a可能可能可能可能n/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki