FANDOM


Bf109G-6の概要編集

メッサーシュミット Bf 109

Messerschmitt Bf109G-6

Messerschmitt Bf109G-6

 メッサーシュミットBf109は、第二次世界大戦前とその間にドイツ空軍によって使用された一人乗りの単葉戦闘機です。戦闘機、迎撃機、高高度迎撃機、戦闘爆撃機および偵察機として使用されました。

開発経緯編集

 Bf109G-6は、グスタフ・シリーズの中で最も大量生産された改造型でした。それは194年(?)晩秋に生産が開始され、最初から戦場の条件で求められる様々な任務にすぐに変換(?)することができる普遍的(?)なプラットホームとして設計されました。G-6も、MW50メタノール水(?)噴射あるいは高高度GM-1亜酸化窒素(?)噴射のいずれかで改善されたエンジンを装備していました。DB605ASエンジンは、オクタン価87ではなく、オクタン価96燃料を使用し、高度500mで2,000馬力、高度5,000mで1,800馬力以上に達しました。

 この改造型はBf109G-6/ASと呼ばれました。装甲座席は透明な背もたれを持っており、著しく視界を改善しました。合計700機のAS機が生産されました。加えて、G-6はさらに最初から30mmMK108機関砲が付けられており、特に設計された60発の焼夷弾を持っていました。その1発で一人乗り戦闘機を破壊することが普通にあり、ほとんどの爆撃機に対しても4発か5発しか必要ではありませんでした。


このゲームにおけるBf109G-6編集

航空機諸元編集

Bf109G-6
最高速度351 mp/h
最高高度40016 ft
ターンアラウンドタイム22.3 秒
上昇速度3846 ft/分
航続距離338.65 mi
離陸滑走距離1127 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 13mm MG131機銃:600
3 x 30mm MK108機関砲:180


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能n/an/a可能n/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki