FANDOM


Bf109G-2の概要編集

メッサーシュミット Bf 109

Bf109G2 thumb

Messerschmitt Bf109G-2

 メッサーシュミットBf109は、第二次世界大戦前とその間にドイツ空軍によって使用された一人乗りの単葉戦闘機です。戦闘機、迎撃機、高高度迎撃機、戦闘爆撃機および偵察機として使用されました。

開発経緯編集

 Bf109G(グスタフ)は動力がダイムラー・ベンツDB605エンジンで供給され、109の中で最も大量生産された改造型でした。605エンジンは、シリンダー・ブロック付DB601エンジンをベースにして33.9から35.7リットルに増加させるために設計され、サイズを大きく変化させないで175馬力にされました。

 グスタフはさらに改善された兵器を受け取りました。以前の標準の7.62mmMG17機銃の代わりに、13mmMG131重機銃が使用されました。より大きな銃は胴体カバーの増大になり、新しい銃の遊底が必要でした。増加した装備はグスタフの重量をより重くし、フリードリヒより10%も重くなりました。初期のBf109Bと比較して、グスタフは約46%も重かったのです。

 新しい航空機は、1942年5月までに前線部隊に配属され始めました。Bf109の設計は本質的にそのピークに達しており、より新しいより多くのモダンな設計のアイデアが必要でした。しかしMe209はまだ開発中で、戦線はドイツにとって不利になっていました。したがって、ドイツ航空省は109をさらに洗練し続けることを決定しました。

このゲームにおけるBf109G-2編集

航空機諸元編集

Bf109G-2
最高速度374 mp/h
最高高度43296 ft
ターンアラウンドタイム20.2 秒
上昇速度4816 ft/分
航続距離338.65 mi
離陸滑走距離999 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 7.92mm MG17機銃:1000
20mm MG 151機関砲:150


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能n/an/a可能n/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki