FANDOM


Bf109G-10の概要編集

メッサーシュミット Bf 109

Bf109G10 thumb

Messerschmitt Bf109G-10

 メッサーシュミットBf109は、第二次世界大戦前とその間にドイツ空軍によって使用された一人乗りの単葉戦闘機です。戦闘機、迎撃機、高高度迎撃機、戦闘爆撃機および偵察機として使用されました。

開発経緯編集

 1944年春の初めまでに、Bf109G-10改造型の量産ラインは、改良されたスーパー・チャージャーを備えたDB605Dエンジンによって動力が供給されるBf109G-6に代わりました。外部パイロンはなく、また動力がDB605DCエンジンによって供給されるG-10型は、最も速いBf109Gでした。重量3,100kg、海面レベルで550km/h、高度7,400mで680km/hの最高速度で、5.8分で高度6,000mに達しました。

 残念ながらBf109G-10/R1は、1個の250kgまたは4x50kgの爆弾用のETC胴体爆撃ラック、爆弾セレクタ・イッチ(?)およびオイル・タンクの下の5mm装甲板を持っていました。DB605DBエンジン付Bf109G-10/R2は偵察機改造型で、13mm機銃が外されてRb50/30あるいは75/30カメラが付いていました。偵察機改造型は3,300kg(300リットルの落下タンクを含む)の離陸重量で、高度9,000mで速度645km/hに達し、また高度8,300m速度620km/hでの航続距離は840kmでした。

 DB605エンジン付Bf109G-10/R14は、翼の下にあるゴンドラに2筒の30mmMK108機関砲を持っていました。Bf109G-10/R6は、R14に似ていましたが、ゴンドラには20mmMG151機銃を収容していました。

このゲームにおけるBf109G-10編集

航空機諸元編集

Bf109G-10
最高速度388 mp/h
最高高度41656 ft
ターンアラウンドタイム21.6 秒
上昇速度4583 ft/分
航続距離205.05 mi
離陸滑走距離1067 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 13mm MG131機銃:600
20mm MG FF機関砲:150


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能n/an/a可能n/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki