FANDOM


Bf109F-4/トロップの概要編集

メッサーシュミット Bf 109

Messerschmitt Bf109F-4/トロップ

Messerschmitt Bf109F-4/トロップ

 メッサーシュミットBf.109は、第二次大戦初期において最も広く利用されたドイツ軍戦闘機であった。

開発経緯編集

 イギリス軍が一層高性能なスピットファイアーMk.Vを登場させると、これに対抗するためメッサーシュミットBf.109Fフリードリヒが開発された。この新モデルには一層高出力なエンジンと格段に向上した空力特性を備えていたが、結果的に操縦がさらに難しくなった。

 改良型Bf.109F-4/tropは熱帯地方における利用のために製作された。吸気フィルター、防水シーリング、防護カバーなどを備えたユニークな仕様である。さらに地上でパイロットを熱から保護するため、コクピット上に傘が展開された。本機は護身用銃、食糧、水といった特別な緊急時用品を備えていた。

 Bf.109Fの各種改良型で熱帯地方用が製作されたが、Bf.109F-4/tropが一番人気がある。その名称に反し、熱帯地方用改良型はアフリカだけでなく、塵雲(?)が航空機エンジンに対する大きな脅威となる南ステップ地方(?)でも利用され、また極北地方(?)でも利用され、フィルターが本機のエンジンを降雪から保護した。Bf.109Fは、合計約2,200機が製造された。

このゲームにおけるBf109F-4/トロップ編集

航空機諸元編集

Bf109F-4/トロップ
最高速度352 mp/h
最高高度42312 ft
ターンアラウンドタイム20.2 秒
上昇速度4029 ft/分
航続距離354.18 mi
離陸滑走距離1191 ft


武装編集

■搭載兵器

2 x 7.92mm MG17機銃:1000
20mm MG 151機関砲:150

兵装形態

  • 7.92mm MG17機銃 x 2、20mm MG151機関砲
  • 7.92mm MG17機銃 x 2、20mm MG151機関砲、250kg爆弾


機体操作編集

視点 トリム 制御 操縦
可能可能可能n/an/a可能n/an/a可能n/a可能可能n/a

」三人称、「」バーチャルコクピット、「」コクピット、「」銃手、「」爆撃手、「」昇降トリム、
」ラダートリム、「」エルロントリム、「」自動プロペラピッチ、「」過給器、
」ランディングギア、「」フラップ、「」エアブレーキ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki