FANDOM


英名:The Two Against Thirty-Nine

ここまでの経過編集

 孤立無援にも関わらず、ウェーク島は敵を跳ね除けていた。

 真珠湾攻撃に参加した2隻の日本軍空母、蒼龍と飛龍が、二度目の上陸努力を支援するべく、ウェーク島沿岸部に派遣された。12月22日、ウェーク島の抵抗を排除するため、航空機39機が発進。ウェーク島に残された二機の航空機は、絶望的な戦いへと向かった。

作戦概要編集

The Two Against Thirty Nine plan

任務編集

ウェーク島軍事施設への日本軍の空襲を阻止する

部隊編成編集

■日本軍

爆撃機隊多数

■米軍

指揮官:カールR.デビッドソン少尉
攻撃隊:VMF-211所属 F4F-3 3機(?)

第一作戦目標編集

The Two Against Thirty Nine 001

離陸して索敵地区へ向かえ編集

掩護機と合流せよ編集

敵爆撃機を迎撃し、砲兵隊を掩護せよ編集

 オプションで銃砲照準距離(メートル)を300~400程度にしておくと良いでしょう。あとはひたすら爆撃機を撃墜するだけです。


第二作戦目標編集

※この任務はミッションクリアの必須条件ではありません

飛行場に着陸せよ編集

 帰投し着陸して完了

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki