FANDOM


英名:Second Wave

ここまでの経過

 第二次攻撃隊は、三群に分かれていた。一つはカネオへの飛行艇を攻撃、残りの二つは真珠湾を攻撃する手はずだった。

 日本軍搭乗員は、真珠湾上空で位置を把握するため、地図を携えていた。第二次攻撃隊は、ゼロ戦三十六機、九九艦爆八十一機、九七艦攻五十四機の、合計百七十一機で構成されていた。

作戦概要

Second Wave plan.jpg

任務

B5N2 九七式三号艦上攻撃機で真珠湾の海軍基地を攻撃する

部隊編成

■日本軍

B5N2九七式艦上攻撃機 54機、D3A1九九式艦上攻撃機 81機、A6M2零式戦闘機 36機

■米軍

各飛行場にそれぞれ航空機が数百機、湾には戦艦数隻、別の種類の艦船多数


第一作戦目標

真珠湾の艦船を攻撃せよ

Second Wave 001.jpg

 目標の艦船を爆撃します

停泊中の飛行艇を攻撃せよ

Second Wave 002.jpg

 飛行艇が一列になるところから進入し攻撃します。

空母に帰艦せよ

帰艦して完了

第二作戦目標

なし


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki