FANDOM


英名:Tulagi Landing

ここまでの経過編集

 戦局の転換点となったミッドウェー海戦の後、アメリカ軍は太平洋における攻勢を開始した。

 ウォッチタワー作戦は、アメリカ陸軍による二度目の大規模攻勢だった。本作戦の目標は、ガダルカナルとフロリダ諸島の攻略だ。エンタープライズ、サラトガ、そしてワスプの飛行隊が、作戦を開始しようとしていた。彼らの任務は、敵航空戦力の撃滅と、作戦地域内の戦略拠点を爆撃する事だった。

作戦概要編集

Tulagi Landing plan.jpg

任務編集

F4F-4戦闘機4機による飛行団を指揮してツラギ島付近の敵機を駆逐する

部隊編成編集

■日本軍

ツラギ島海域の水上基地、対空防衛施設

■米軍

ツラギ島攻撃グループ:VF-71のF4F-4が16機、VS-71のSBD-3が15機

第一作戦目標編集

Tulagi Landing 001.jpg

フロリダ島南岸部を捜索せよ編集

マカンボ島付近の敵水上機を攻撃せよ編集

ハラボ海岸付近の敵水上機を攻撃せよ編集

Tulagi Landing 002.jpg

 反転するための旋回は海面や地上スレスレでやると対空砲の照準を外せますが、下手に高度をとると速度は落ち狙われます。ミッション完了後のシーンでパイロットが叫ぶ「どでかいやつ」を撮ってみました。

Tulagi Landing 003.jpg

空母艦隊に帰艦せよ編集

帰投して完了


第二作戦目標編集

なし

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki